宗教や宗派が違いますと受け入れてもらえないことがある

これから霊園探しをしようと思って適当に立地条件だけで選んでしまってはいけません。
どんなに通いやすい場所に霊園があるからと言って管理が悪いような霊園では意味が無いのです。 寺院墓地は、一般的に檀家になることが基本となっていますので、その寺院の宗教の信徒であることが条件となります。
最近の寺院墓地には他宗派の信徒も受け入れるところも存在していますが、仏教だけというところが多くなっているので注意が必要です。かなり気に入った霊園や墓地が見つかったとしましても、宗教や宗派が違いますと受け入れてもらえないことがあります。
公営霊園の場合におきましては、宗教や宗派の制限がほとんど無く宗教を問われることはありません。

 

民営霊園は、宗教・宗派不問で運営をしているケースが多くなっています。
しかし事業主体が宗教法人の場合には、仏教以外の人は受け入れない時がありますので確認が必要です。



宗教や宗派が違いますと受け入れてもらえないことがあるブログ:06 1 19

こんちわ・・いやもうこんばんわか?まだか?

近頃友達が何かと忙しそう。

1週間前も、上野で集まる話があったんだけど、
パス!って言うから気になっていて、今日ランチに誘ったら…

今バイトしてるんだって!!

そんな体力があるなんてすごい!!

きゅう師の勉強をしている人を見ていて、自分も何かしようと
思ったのがきっかけらしい。

給料が減給になって、DHCのダイエットシェイクもやめようって
こないだ話していたけど、節約をするよりも確かに増やしていく方が
確実な話だよね。

貯金がたまったらパプアニューギニアに行くぞ!!くらいの目標を
持っているけど、今のところはスタイルUPレッグを買うか
骨盤ネジ締めでリフレッシュを計画中らしい。

ボクも何かやろうかなーとか思うけど、真夜中に
終わったり、残業があるとバラバラだし、そう簡単には副業も
できないわけで。

在宅の副業とかもあるし、サントレックスとか買っても
全然余裕になると言われると、つい考えてしまうところ。

真夜中からとか決まった副業ができなければ、内職的
仕事が一番良いんだろうけど、疲れている時は全然できなさそうだし。

ボクもたしかに、ボーナス少なかったし、予定外が続いている
から、考えなくてはいけないところかもしれないけど・・・

体力がついていくかが問題。

ま、実家に帰ることを考えれば知り合いも気にするし、
ボクも快適一人暮らしのために、何か探してみようかな。

待ったり過ごそうなら良いけど、休みとなると何かとお金も
使っちゃうしねー。

・・・と、書いてみるテスト