より安心することの出来る石材店を選ぶメリット

より安心することの出来る石材店を選ぶメリット


より安心することの出来る石材店を選ぶメリット
もっともっと素晴らしい霊園と出会うために大切なのは、とにかくアクセス性と管理体制となります。
お墓を建てるスペースだけのチェックではなく、霊園全体の管理状況をくまなくチェックすることが重要です。 もしフリーで霊園見学をしますと、自動的に石材店を振り分けられてしまう原因にもなりますので、あまりオススメ出来ません。
最初に貴方が希望をしている地域の安心出来る石材店を選んでから霊園を見学するようにしましょう。民間霊園においてお墓を購入する場合につきましては、各石材店でその価格差がほとんどありません。
施工やアフターケアにおきましては、同様となっていませんのでご注意ください。

石材店は価格がほぼ同じとなっていますので、より安心することの出来る石材店を選ぶメリットが強くなります。
しかし中にはかなり高い料金設定をしてくる石材店も存在していますので注意をしてください。


賃貸事務所
http://new-of-search.jp
賃貸事務所、今すぐアクセス



より安心することの出来る石材店を選ぶメリットブログ:24 2 19

終戦直後、
あたくしたち一家は、谷中の3軒長屋で暮らしていた。

詳しく言えば、
母とお姉さんとあたくしの3人で、
パパは南方戦線からまだ戻っていなかった。

当時の朝方食は、
どの家もたいてい芋粥だった。

お粥の部分はお姉さんとあたくしが食べ、
母はいつもサツマイモの部分を拾って食べていた。

まだ小さかったあたくしは、
母はサツマイモが好きなのだと思っていた。

そして12時のご馳走は焼芋である。
外でチャンバラごっこをしていたあたくしは、
今まさに新撰組と切り結んでいる最中に、
「やきいもー」という焼芋屋の声がする。

そうなるともう新撰組もない。
あたくしはあわてて家に駆け込み、
無駄でも「焼芋買ってくれ!」と母に頼むのであった。

サツマイモばかり食べている毎日なのに、
なんでまた焼芋かと言えば、
あたくしたちが普段食べていたサツマイモは
「タイハク」とかいう水っぽいものなのだが、
焼芋屋の芋はホントに美味い「キントキ」だったのである。

そんなわけで、
お姉さんとあたくしはたまに焼芋にありつけるのだが、
母は決して焼芋を食べることはなかった。

いつも「焼芋は胸が焼ける」「今日は食欲不振」と言って、
焼芋にかぶりつくあたくしたちを見てただ笑っているだけであった。

しばらくすると、
お米もちゃんと配給になり、
パンだって何時間も並べば買えるようになった。

やがて、パパも南方戦線から帰って来て
あたくしたちは長屋を引っ越し、サツマイモなど長屋時代の思い出は
遥か遠いものとなっていった。

お姉さんとあたくしにお粥を食べさせようとして、
自分はサツマイモの部分を食べていた母。

そのくせ、お金がないためか自分だけ焼芋を食べなかった母。
母は一体、サツマイモが好きだったのか嫌いだったのか…

今年の中秋の名月の日には、
母の仏前に焼芋でも供えようかとあたくしは思う。
より安心することの出来る石材店を選ぶメリット

より安心することの出来る石材店を選ぶメリット

★メニュー

宗教や宗派が違いますと受け入れてもらえないことがある
駐車場や水道施設というのは最低限備わっていてほしいもの
多くの民間霊園で指定石材店制を導入している傾向にある
都心の便利なエリアに位置している公営墓地
日当たりがよく風通しや水はけの良い所が最も理想的な立地条件
民間における公益法人や宗教法人が管理と運営を行なう民間
墓地選びにおきましての重要なポイント
墓石代や永代使用料または管理料などが必要
決まった宗教を持っているのでしたらそれをまずは明確にしておくことが大切
より安心することの出来る石材店を選ぶメリット


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)環境や設備などに注目をして霊園探し