都心の便利なエリアに位置している公営墓地

霊園を選ぶのって意外と難しそうなイメージがありますが、覚えてしまえば理想的な霊園を見つけることが出来ます。
あまりにも多く霊園がありますので、まずはその中から様々なことを比較するところから始めていきましょう。 都心の便利なエリアに位置している公営墓地は大変人気が高く、何年経過しても入手することの出来ない人が大勢いるのが現状となります。
募集時期や応募資格、そして応募方法等に関しましては、各自治体の霊園課などにお問い合わせしましょう。各都道府県、また市町村など自治体が管理や運営を受けている霊園のことを公営墓地といいます。
お墓を建てるためには、そのお墓を使用することとなる権利を取得する永代使用料が必要なのですが、公営墓地の場合におきましては、民営の墓地と比べて、永代使用料や年間管理費が安価となっています。

 

公営墓地は自治体によって募集方法は少々異なっていますが、新聞などで年1回公募されることで抽選で入手者が決定されます。
募集対象とされるのは、まだ一度も埋葬されたことのない遺骨のある人となっており、その自治体に本籍や現住所のある人限定となります。



都心の便利なエリアに位置している公営墓地ブログ:20 11 18

わたくしの妻は、
自他共に認める能天気で明るい性格で、
本人も「悩むことがほとんどない」と公言しているんですが…

初めての娘を出産した時に、
子育てでものすごく悩みはじめました。

うちの妻に限っては、
子育てでブルーになることはありえない…とたかをくくっていたわたくしは、
本当に驚いたし、うろたえました。

そんな妻を救ってくれたのは、
妻のお母さんの一言だったのです。

「そんなにこだわらなくてもいいじゃない!」と
お母さんは彼女に言ってくれて、
自分が自分にきちんとやれていないことを許せなくて、
自分を責めていたんだな…と気づき、
徐々に妻の気持ちも楽になっていきました。

この出来事は、
わたくし自身がその時の妻に持っていた不満を
解消する鍵にもなりました。

当時、わたくしは、
妻が娘にばかり意識が向かっていて、
自分のことをほったらかしにされていると感じていたのです。

どうしてこんな感じを持つかというと、
夫も娘が生まれたら、妻とは関わり方は違うけれど、
すごく悩んで努力しているからなのです。

娘が生まれたら、
娘や妻に経済的なゆとりを持たせたいと思うのは
自然なことです。
だから、がんばって働いて、
たくさん収入を得なければ!と思ったりします。

また、娘は両親の背中を見て育つ、という言葉がありますが、
それを意識して、立派なパパにならなければ!と強く思ったりもします。

けれど、自分なりにがんばっていることが、
妻にわかってもらえないような気分になることもあるんです。

でも、
真実はそうではなくて、
本当にシンプルな理由だったんです。

「子育てが大変すぎて、他に目を向けることができない」
だけだったんです!